1. TOP
  2. Bitly
  3. Bitly QRコードの活用方法15選

Bitly QRコードの活用方法15選



ユーザーとのコミュニケーションはシンプルであることが一番です。特に、商品やサービスの利用や支払いを非接触で行う方法を提供しようとする場合、QRコードは非常にインパクトのあるツールとなります。

Bitlyで生成したQRコードには、Bitlyのユニークなリンクが付いており、人々がどのようにQRコードに関わったかを追跡することができます。
そのデータを分析し施策に関する重要なインサイトを得ることも可能です。

また、QRコードはユーザーを数秒でオンラインでの体験に結びつけることができます。
クリエイティブな発想で顧客体験にちょっとした喜びを与えることができれば、顧客のロイヤルティが高まり、新規顧客の獲得にも大いに役立ちます。
現に、86%の顧客が優れた体験に対してはより多くのお金を払いたいと考えているという調査結果があります。

今回は、企業やインフルエンサーのBitly QRコードの活用方法をご紹介していきます。

1 - メール購読者を増やす

メール購読者は継続的に増やしていきたいですよね。
マーケティング資料、パンフレット、リーフレット、ステッカーなどにQRコードを貼り付け、メール登録フォームに誘導するだけで新規購読者を獲得することにつながります。

2 - ソーシャルメディアのフォロワーを増やす

ソーシャルメディアのフォロワーを増やしたいですか?
それにはFacebook、Twitter、Instagram、その他のソーシャルメディアのアカウントをQRコードを使って宣伝するのが有効です。
インフルエンサーや企業が、イベントやオフィスのロビー、名刺にもQRコードを貼っているのを見かけると思います。
Bitlyでは、ガムのパッケージの裏にTwitterのアカウント@Bitlyに遷移するQRコードを付ける景品を作ったこともあります。

3 - キャンペーンや割引を共有する

宣伝したいキャンペーンなどがありますか?
QRコードを使って、季節のキャンペーン、期間限定のプロモーション、ロイヤルカスタマー向けの特別割引コードなどを共有しましょう。
パッケージやレシートにQRコードを付ければ、次回の購入時にお得な特典を提供することもできます。

4 - お客様へのプレゼント

プレゼントをお客様に送るときにQRコードを付けてみましょう。ランディングページに誘導し、長年のお客様への感謝の気持ちや、会社の最新情報を伝えることができます。

5 - 景品

無料の製品やトライアル、限定コンテンツなど、お客様が喜ぶようなものをプレゼントしてお客様と一緒に楽しみましょう。
テレビ広告や顧客へのダイレクトメールにQRコードを付け、QRコードをスキャンして無料ギフトを受け取るように誘導している企業もあります。
この施策は、QRコードをどこに貼るかよりも、どこに人を誘導するかが重要なポイントです。

6 - ゲリラ・マーケティング・キャンペーン

ブランドによっては、QRコードを歩道にスプレーチョークで書いたり、インタラクティブアートやタトゥーシールにQRコードを入れたりするなど、従来とは異なるマーケティング戦術をとることもできます。
実際の店舗での体験からオンラインでの体験へとシームレスに誘導しながらメッセージを発信する良い方法です。

7 - 製品情報の共有

商品にQRコードを掲載することで、商品やブランドに関するレビューなどの情報を共有することができます。
これは、オンラインとオフラインのショッピング体験をシームレスにつなぐと同時に、購入を迷っているお客様に購入を促すのに最適です。
また、製品に多くの情報を詰め込む必要がないのでデザイン面にもメリットがあります。

8 - 説明動画に誘導

製品やサービスを利用するのにいくつか手順を踏ませる必要がある場合、言葉で説明するよりも動画を見せるのが効果的です。
これは家具や家電製品などでよく見られる手法ですが、組み立てが必要な製品でも同じように使えます。

9 - 列に並ぶ時間を節約する

店舗の外や店内、広告にQRコードを使用して、店頭や郊外での受け取りが可能であることを買い物客に知らせましょう。
パンデミックの影響で、オンラインで注文して店頭などで受け取るオプションが非常に人気です。

10 - 非接触型の店舗を作る

非接触型ショッピングの店頭やポップアップストアを作って、「ウィンドウショッピング」を新たなレベルに引き上げましょう。
そのためには店頭のウィンドウに陳列されている商品にQRコードを表示させます。
買い物客が気に入った商品を見つけたら、それをスキャンしてアプリやウェブサイトの特定のページに遷移し購入することができます。
これにより、従来のウィンドウショッピングとは一味違った楽しみ方を提供できます。

11 - 店頭で完売した商品をオンラインで購入できるようにする

商品棚の裏にQRコードを貼り付けましょう。商品が売り切れると、お客さまはQRコードをスキャンして、ウェブサイトやアプリに遷移し、オンラインで購入することができます。
これはショッピング体験を向上させるだけでなく、ウェブサイトやアプリを知ってもらうための簡単な方法でもあります。

12 - 非接触で購入できるようにする

スマートフォンを持つお客様は、QRコードをスキャンしてお買い物をすることに慣れています。
QRコードをスキャンするとモバイルデバイスを使って購入できる決済ページに誘導されるため、お客様は安全に買い物をすることができます。

13 - お客様のカレンダーにイベントを追加する

お客様に参加してもらいたいイベントがありますか?
QRコードを使ってそのイベントをお客様のオンラインカレンダーに追加してもらいましょう。カレンダーのイベントを示すURLを取得し、それを使ってQRコードを生成するだけです。
一旦カレンダーに登録されれば、お客様にイベントを忘れずにいてもらうことができます。

14 - 位置情報を共有する

イベント、セール、プロモーションなどの広告には、店舗へのアクセスを示すCTAを設置するのが有効です。
お客様はQRコードをスキャンして地図アプリに移行することができるので、GPSの指示に従って簡単に位置を見つけることができます。
この方法は人や車の往来が少ない場所に店舗を構えている場合に特に効果的です。

15 - メニューの印刷が不要に

食品を扱うビジネスでは、看板やコースター、ランチョンマットなどにQRコードを印刷しメニューを表示することができます。
これは、印刷コストを節約すると同時に、不特定多数の人がメニューに触れることを避けるのに非常に有効です。

まとめ

QRコードを使えばあらゆるインタラクティブな体験を非接触で提供することができます。
また、BitlyのQRコードは簡単に作成でき、ユーザーがどのようにブランドと関わっているかをリアルタイムに把握することができます。

ナビプラス株式会社では、短縮URLサービス「Bitly」の企業向けプラン「Bitly Enterprise」を国内提供しています。
是非お気軽にお問い合わせください!

※本記事は「15 Clever Ways to Use Bitly QR Codes」を翻訳・加筆修正したものです。

お電話でもお気軽にお問い合わせください

tel_icon03-6367-1458

平日 9:00~18:00