1. TOP
  2. Bitly
  3. 短縮URLの活用方法50選

短縮URLの活用方法50選



インターネットはとても素晴らしいものです。自分の求める情報や商品、サービス、ほぼ全てのものを見つけることができます。
しかし、このように多くの場所にコンテンツがあふれていると、どこにもつながっていない場所に迷い込んだような気分になったり、最悪の場合、スパム的なウェブサイトを見てしまったりすることがあります。
幸いなことに、たくさんのコンテンツへより簡単にナビゲートするツールがあります。それが短縮URLです。
短縮URLとは、長くなってしまったURLを短縮したものです。
コンピュータのキーボードや携帯端末のキーパッドからURLを全て入力しなくてもオンラインで簡単にウェブサイトを共有することができます。

ここでは、日常生活やブランド、ビジネスで短縮URLを活用するための50の方法をご紹介します。
今回は、短縮URLを日常生活やブランド、ビジネスで活用するための50の方法をご紹介していきます。

1 - メールのCTA(Call To Action)

大多数の企業が、顧客や取引先、その他の関係者とのコミュニケーションにメールを使用しています。
メールは特に中小企業やベンチャー企業のブランディングには欠かせないものとなっています。

メール内にコンテンツへ誘導するCTA(Call To Action)を設置する際に、短縮URLを使用することでメールコミュニケーションの範囲を広げることができます。

2 - web広告

ほとんどのweb広告では、新聞や雑誌などの他の媒体に同じ広告を掲載する場合に比べて、自由に使える文字数が少なくなります。
URLを短くすることでスペースを確保することができ、内容や見栄えの質を落とさずに、より多くの情報を広告に盛り込むことができます。

3 - プレゼンテーション



プレゼンテーションは、今日の一般的なコミュニケーション手段のひとつとなっています。
例えば、あなたが自分や会社に大きな影響を与える重要な講演をするとします。
プレゼンテーション中に短縮URLを貼り付けておくと、プレゼンテーションの後に何らかのコンテンツに誘導しやすくなります。

4 - ソーシャルメディア(SNS)

ソーシャルメディア(SNS)は、コミュニケーションをとるための重要な手段であり、特にビジネスにおいても既存顧客や潜在的な顧客に働きかけるのにソーシャルメディアは重要です。

ウェブサイトを運営する方が、ソーシャルメディアで活動しているのであれば、写真や動画などの投稿の中にウェブサイトへのリンクが含まれているのではないでしょうか。
そんなときは、リンクを短縮してあなたやあなたのビジネスについてもっと知りたいと思っている人のためにリンクを活用しましょう。

5 - LinkedIn(リンクトイン)



LinkedIn(リンクトイン)は、ネットワーク作りや仕事探し、コンテンツの共有を求める若いビジネスマンに人気のあるソーシャルプラットフォームで、ビジネスマンの活動を推進し、その情報の可視化を目的としています。
同業他社と真につながることができ、ポートフォリオの共有や採用活動を行うこともできます。
また、LinkedIn内で短縮URLを使用することで、競合他社との差別化を図ることも可能です。
企業の採用活動で短縮URLを使って新入社員を応募ページに誘導したり、URLのパス部分をカスタマイズしてバーチャルイベントを宣伝するという活用方法もあります。

6 - アフィリエイトリンク

デジタルマーケティングを活用する最も良い方法の一つは、価格比較サイトとアフィリエイトマーケティングです。
製品やサービスを販売している場合、これらを中心とした広告を作成しどの広告が最も効果的であるかを分析するのが効果的です。
そのために広告が表示されている場所、クリックやインプレッションあたりのコスト、クリックした人数などを表示する様々なトラッキングツールを利用するとよいでしょう。

また、アフィリエイトリンクに短縮URLを使用すれば、どのリンクが効果的なのか、投資する価値があるのかを簡単に確認することができます。

7 - Esty(エッツィ)



Etsy(エッツィ)は、クリエイターたちがハンドメイド品やニッチなサービスを販売するECサイトです。
パーティグッズやハンドメイド品、工芸品などのユニークな商品を提供できる職人とつながることができます。
Etsyの商品リストに短縮URLを使用し、ストア内の各商品の閲覧数とクリック数の追跡を開始しましょう。
Bitlyを使えば、それぞれの顧客がどのようビジネスに関わっているかを短縮URLを通じて知ることができます。

8 - Amazonリンク



多くのウェブサイトやブログでは、お気に入りの商品やサービスについて書いているときにAmazonのアフィリエイトリンクが使われており、収益を上げるには良い方法です。
読者の中にはすでにAmazonアカウントでログインしている人がいる可能性があります。

短縮URLを使えば、ユーザーが欲しい商品を見つけやすくなり、それが自分に合っているかどうかも確認できます。
ページ内に全ての情報を含ませることも重要ですが、コンテンツ内や各記事のサイドバーのリンクに短縮URLを使うことでより関連性の高いトラフィックをサイトに誘導することができます。

9 - YouTube(ユーチューブ)

YouTube(ユーチューブ)は、商品やサービスのプロモーションに最適なだけでなく、そこから収益を得られる可能性も十分にあります。
動画でできるだけ長く収益をあげたいのであれば、動画の説明文に記載するコンテンツへのリンクに短縮URLを使うと良いでしょう。

10 - Shopify(ショッピファイ)

Shopify(ショッピファイ)は、ウェブサイトビルダーやテーマを使って簡単にECサイトを構築できるeコマースプラットフォームで、ビジネスオーナーが潜在的な顧客にシームレスな購入体験を提供するのに必要なツールが揃っています。
Shopifyで商品ページに短縮URL使うと、新製品を目立たせたり、コンテンツに簡単にアクセスできるようになり、スピーディな購入を促すことができます。

11 - TikTok(ティックトック)

TikTok(ティックトック)の短い動画フォーマットは、短い時間で興味を惹かないと離れていってしまうZ世代の特徴を象徴しています。
TikTokは、商品やサービスを宣伝するのに最適な場所で、うまくいけば見込み客になってくれたり、購入してくれたり、様々な価値を求めて連絡してくるかもしれません。

TikTokを利用しているユーザーは、魅力的なリンクに反応する可能性が高く、長いリンクはスパムのように思われてしまいます。
その場合は、TikTokにアップロードする動画に短縮URLを埋め込んで、視聴者があなたにたどり着きやすいようにしましょう。

12 - Twitter(ツイッター)

Twitter(ツイッター)は、リードを生み出したり活動に興味を持ってもらうのに最適な場所ですが、適切な広告の配信は一見難しい事のように思えます。
広告キャンペーンに短縮URLを使えば、どの広告でどのようなクリックが発生しているのか、それぞれの広告費用はいくらなのかを確認することが可能です。
また、通常のツイートにも同様に短縮URLを使うことができます。

13 - WhatsApp(ワッツアップ)

WhatsApp(ワッツアップ)は既存顧客や潜在的な顧客に連絡を取るのに最適な方法です。
また、商品やサービスの情報のダウンロードを促し広めることができますが、これはメッセージ内に短縮URLを使用した場合のみ有効です。
受信者がリンクをクリックすることで、製品やサービスをより詳しく知ってもらえる可能性があります。
対人関係を重視するWhatsAppでは、ご家族やご友人に短縮URLを送ることができます。
あなたがビジネスで扱う商品やこれから行く旅行の日程へのリンクなどを家族や友人に共有するのに短縮URLを使うことができます。

14 - StumbleUpon(スタンブルアポン)

StumbleUpon(スタンブルアポン)は、ユーザーがアップロードされたコンテンツをクリックすることで、そのコンテンツを紹介するコンテンツ発見ツールです。
商品やサービスをより多くの人に知ってもらいたいのであれば、プロフィールやアップロードするコンテンツに短縮URL埋め込みましょう。また、記事や画像にリンクを埋め込むこともできます。

※StumbleUponは2018年6月にサービスを終了し、後継サービスとしてMix.comを立ち上げています。

15 - Instagram(インスタグラム)

Instagram(インスタグラム)でプレゼント企画やその他のプロモーション実施する際に、ハッシュタグ付きの短縮URLを使用するとより多くの注目を集めることができます。
また、アカウントのbio(プロフィール欄)に短縮URLを活用することもおすすめです。
商品やサービスの販売を考えている場合は、Instagramのハッシュタグと短縮URLを併用することで、より多くのフォロワーを増やし、より多くの収益を上げることができます。

16 - Pinterest(ピンタレスト)

Pinterest(ピンタレスト)は、写真を表示し各ピンの説明欄に直接リンクを貼ることで、簡単に製品やサービスを宣伝できるプラットフォームです。
ピンの人気を高めたいのであれば説明文に短縮URLを埋め込みましょう。
そうすれば、購入前に疑問や懸念点があっても、ユーザーはすぐにあなたに連絡を取ることができるでしょう。

17 - Yelp(イェルプ)



旅行先やレストランを探すときにYelp(イェルプ)のレビューを参考にしたことがある方もいるのではないでしょうか。
Yelpは、地元のレストラン、バー、ローカルビジネスなどを発見できるサービスです。
ビジネスを宣伝するための短縮URLを共有することで、顧客はあなたの位置、デリバリーサービス、ユニークな特徴によってあなたのビジネスを認識し、新しい顧客を引き付けることができます。

18 - SMS(ショートメッセージサービス)

マーケティングメッセージやサービス通知などのSMS(ショートメッセージサービス)コミュニケーションに短縮URLを使用することは、ブランドが顧客とつながりを持つための手段としてますます人気が高まっています。
SMS用の短縮URLとは、短縮URLサービス(Bitlyなど)を利用して短縮されたSMSに使用できるURLを指します。
「モバイルリンク」や「モバイルトラッキングリンク」と呼ばれることもあります。
企業がSMSに短縮URLを使用する場合、通常大量(数百、数千、あるいは数百万)のユニークな短縮URLが生成されています。

19 - ブックマーク

ほとんどの人にとって、ブックマークの数は重要ではありません。
しかし、必要なときにブックマークを思い出せない可能性があるため困る方もいるのではないでしょうか。

ブックマークをシンプルにしてアクセスしやすくしたいのであれば、各ブックマークに使用した単語やフレーズの代わりに短縮URLを使用するのはいかがでしょうか。
それぞれのリンクが何回クリックされたかがわかるので、どのブックマークが全くアクセスされていないのかなどの状況を把握することができます。

20 - 名刺



名刺交換を頻繁にする方は、名刺に短縮URLを貼り付けてみてはいかがでしょうか?
短縮URLを使うことで、サービスや製品について印象づけることができます。
また、短縮URLはスペースを取らないので他の伝えたい情報を載せるスペースを確保することができます。

21 - 販促物

Tシャツや看板、マーケティング資料は、ブランドや製品、サービスを宣伝するのに最適です。
外出先でインターネットにアクセスする時間がない人たちに向けて、短縮URLを使って宣伝するのも良い方法です。
そうすれば、コンピュータを使えるかどうかを気にすることなく、探している情報までたどり着くことができます。

22 - QRコード

Bitlyで生成したQRコードには、Bitlyのユニークなリンクが付いており、人々がどのようにQRコードに関わったかを追跡することができます。
そのデータを分析し施策に関する重要なインサイトを得ることも可能です。

また、QRコードはユーザーを数秒でオンラインでの体験に結びつけることができます。
クリエイティブな発想で顧客体験にちょっとした喜びを与えることができれば、顧客のロイヤルティが高まり、新規顧客の獲得にも大いに役立ちます。

23 - Twitterのbio(プロフィール欄)

Twitterでの知名度を上げたいなら、短縮URLが最適です。
Twitterのプロフィールは、短縮URLを通してブランドやビジネス、サービスを直接知ってもらう良い機会となります。
最も人気のあるソーシャルメディアの1つとして、ユーザーはあなたが誰であるかをすぐに認識することができ、URLがスパムなのではないかと心配する必要はありません。

24 - ギフト・レジストリー



ギフト・レジストリーを嫌いな人はいないでしょう。
結婚式や出産祝い、引っ越し祝いなど、大切な人に自分の理想の「欲しいものリスト」を提供し頼もしい情報源として役立っています。
ギフト・レジストリーを印刷物やEメールの招待状で共有する際に短縮URLを使用すると、相手の体験をパーソナライズでき楽しんでもらえます。
結婚前祝い、結婚式、出産前祝いなど、様々な機会に複数のレジストリーがある場合は、複数のレジストリーの短縮URLを作成し、相手がすぐにアクセスできるようにしましょう。

25 - アプリへのディープリンク

iPhoneでもAndroidでも、スマートフォンでリンクをクリックするのが難しいことは誰もが認めるところです。
そこで登場するのがディープリンクです。
ディープリンクは、 ウェブページやアプリの中からリンクをクリックすることで直接アプリ内の特定のページに遷移させることができるため、モバイルマーケティング戦略に欠かせないものとなっています。

26 - プレーンテキストメール

プレーンテキストメールとは、読んで字のごとくテキストのみで構成されたシンプルなメールのことです。
画像やグラフィック、特定のフォーマットはなく、リンクもハイパーリンクではなくテキストとなっていることが多いです。
プレーンテキストメールは一般的なHTMLメールよりもシンプルですが、ウェブサイトのリンクを目立たせる絶好の機会です。
例えば、短縮URLを表示して見込み客に営業担当者とのミーティングの予約を促すことができます。

27 - メールの署名

メールの署名は、インターネット上で人とつながるときの名刺のようなものです。
主要なメールキャリアには、メールをカスタマイズできるセクションがあり、短縮URLが利用できる無限の可能性を秘めています。
個人のウェブサイトやサービスを紹介する場合でも、メールの署名の下に短縮URLを含めることで認知度を高めることができます。

28 - プレスキット

プレスキットは、ビジネスの露出とトラフィックを集める一般的な方法として知られています。
プレスキットには、ウェブサイト、メディア、マーケティング資料など様々なものがあり、ブランドをよりよく知るために役立ちます。
短縮URLは、コンテンツによりアクセスしやすくし、訪問者をウェブサイトの重要な情報へと誘導するのに役立ちます。

29 - バーチャルイベント



パンデミックの影響でバーチャルイベントがこれまで以上に人気を集めています。
ZoomミーティングやNetflixのパーティなど、多くのバーチャルイベントはウェブサイトにつながっており、イベントの詳細について参加者がRSVPや追加情報を得ることができます。
バーチャルイベントに短縮URLを使うことでイベントへの信頼を強化し、サイトに来た参加者に詳細な情報を提供することができます。

30 - ネット掲示板、コミュニティサイト

コミュニティや質問への回答を求めているとき、情報を共有したいとき、ネット掲示板やコミュニティサイトはオンラインの世界を席巻しています。
QuoraやRedditのようなコミュニティサイトには、本質的な会話につながるようなニッチなトピックに関するコミュニティや情報を見つけることができるので、多くの人々が集まってきています。
これらの場所で短縮URLを使用して、コミュニティ内での深い会話やネットワークのためのリソースを提供しましょう。

31 - ブランド構築

ブランドの認知度を高めたいですか?
短縮URLはブランドの認知度を高め、顧客が製品やサービスについてより深く知るために役立ちます。
Bitlyでは、短縮URLのドメイン部分をカスタマイズできるブランドリンクを作成することができます。
商品ページやソーシャルメディアのアカウント、イベントへの誘導など、短縮URLは常にブランドの代名詞となります。

32 - アプリのインストール

アプリをリリースして世に送り出すのは簡単なことではありませんよね。
実店舗でもEコマースでも、訪問者にアプリをダウンロードしてもらうための安全な方法を見つけなければなりません。
名刺やウェブサイトに短縮URLを追加することで、迅速かつ安全にアプリをダウンロードしてもらいましょう。

33 - オンライン講座



ブロガーでも中小企業でも、オンライン講座は、自分の専門知識や業界でのソートリーダーシップを共有する絶好の機会となります。
短縮URLを使って生徒や視聴者をより多くの読み物などに誘導するのはいかがでしょうか?
講座を受けたいと思ってもらうために宣伝は不可欠です。すぐにオンラインマーケティングを始めましょう。

34 - 製品デモ

新製品や新サービスを発表する際、どのような手法を用いて顧客にアピールするか悩むことがあると思います。
製品デモの目標は顧客に製品を気に入ってもらい、販売につなげることです。
業界問わず製品のデモンストレーションを行うことは、顧客のことを知る上で貴重な財産となります。

製品デモの中に短縮URLを埋め込み、サポート記事やウェビナー、FAQなどを共有するのはいかがでしょうか?

35 - アンケート

アンケート、好き嫌いが分かれるところですね。
経験豊富なマーケターならアンケートが新しいリードやコンタクトをもたらし、見込み客を自社と結びつけるのに役立つことを知っていると思います。
アンケートを送信する際の最大の問題点は、たとえ既存のお客様であってもアンケートに答えてもらわなくてはならない点です。
短縮URLを使えばアンケートがスパムと思われないようにブランディングできるだけでなく、関連するすべてのマーケティングページに戦略的にリンクを貼ることができます。

36 - 音楽プレイリスト



Spotify、Tidal、iTunesなどは、音楽業界を席巻し続けているストリーミングプラットフォームのほんの一例です。
これらのプラットフォームの大半では、ユーザーが自分のプレイリストをカスタマイズし、メールやソーシャルメディアで共有できます。
短縮URLは、イベント用のプレイリストをラベル付けしてリスニングパーティーやバーチャルイベントで共有したり、プロフィールに利用できます。

37 - リスティクル

現代のジャーナリズムやブログでは、リスティクルなどたくさんの情報を一口サイズのコンテンツとして共有のが人気です。
テーマやジャンルによって様々な形がありますが、リスティクルは長いものが多く、様々なメディアを含んでいるため長いURLが必要になります。
短縮URLを使用することで、読者はどのような記事かを判断しやすくなり、ソーシャルメディアでの共有性を高めることができます。

38 - GIF

GIFは面白い表現方法として長年ソーシャルメディアで愛されてきました。
流行りのモーションキャプチャー画像は大衆文化やニュースに応じて変化しますが、GIFは使い続けられています。
GIFはソーシャルメディアでの会話中のリアクションとして使われることが多いですが、最近のデジタルマーケティング担当者はGIFを使ってリンクを共有し人々を自社のページに誘導しています。
例えば、業界内のTwitterチャットに参加しているとき、ブランドを宣伝する短縮URLを見せるのも良いでしょう。

39 - Facebook / Instagramのストーリー

FacebookやInstagramのストーリーは、ソーシャルメディア上のインフルエンサーやクリエイターにとって有力なマーケティングツールとなっています。
ストーリーは情報を素早く伝えることができ、オーディエンスの注目を集めることができます。
どのメディア、コンテンツ、ステッカー、GIFをシェアするかを戦略的に決めることで、エンゲージメントが得られるか、スワイプされてしまうかの違いが生まれます。
ストーリーの中に短縮URLを組み込むことで、フォロワーの注意を引くだけでなく、ウェブサイトに直接誘導することもできます。

40 - Podcast(ポッドキャスト)

Podcast(ポッドキャスト)は最も人気のあるメディアのひとつで、短縮URLを使えばお気に入りのポッドキャスト番組を簡単に共有することができます。
ポッドキャストのプラットフォーム、番組、ジャンルはこの10年で爆発的に増えており、オーディオコンテンツがあまりにも多いため、競合他社に差をつけるのは難しいかもしれません。
あなたがホストでもファンでも、記憶に残る短縮URLを共有することで、お気に入りのエピソードやウェブサイトなど、オーディエンスを最適な方法で誘導することができます。

41 - 社内チャット



ほとんどすべての企業は、社内のコミュニケーションを支援するチャットプラットフォームを利用していると思います。
日々のビジネスの中でチーム間や社外などとのコミュニケーションが絶え間なく行われています。
Slack/Microsoft Teamsの短縮URLを使えば、チーム間でドキュメントを共有し、そのドキュメントとのやり取りを追跡することができます。

42 - インフォグラフィックス

優れたインフォグラフィックを嫌いな人はいないでしょう。
優れたテキスト、美しい画像、ブランドのフォント、多くの情報を共有可能な形で簡潔に伝えることができます。
しかし、せっかく時間をかけて豪華なインフォグラフィックを作成したのに、リンクが長すぎて誰にも見てもらえなかったら残念ではありませんか?
インフォグラフィックのクリック数を増やすために、一般的なリンクや長いURLではなくカスタマイズした短縮URLを使いましょう。

43 - Facebook(フェイスブック)

代表的なソーシャルメディアであるFacebook(フェイスブック)は、近況報告や写真の投稿など、情報を共有するための原動力となり続けています。
他のソーシャル・メディア・プラットフォームとは対照的に、Facebookは投稿やディスカッションの場を提供し、世界中の人々とつながるためのグループも備えています。

44 - プレスリリース

プレスリリースがなければ、新製品、パートナー、スポンサーなどの重要なニュースを発信することができません。
プレスリリースは、ブランディング、信頼性の構築、ウェブサイトへのトラフィックの誘導に役立ちます。
デジタルの世界ではイベントの認知度を高めたり、企業の重要な情報を共有したりするためにPR担当者がプレスリリースにリンクを含めることが一般的になってきています。
プレスリリースにクリック可能な短縮URLを含めることで、メディアのトラフィック、発表や記事の詳細が分かるコンテンツに誘導することができます。

45 - 社内コミュニケーション

企業には従業員が日常的に使用するツールやプラットフォームが非常に多く、日常的なコミュニケーションを維持するのが困難です。
エンゲージメントの向上は従業員の健康に不可欠であり、目標に向かって全員で取り組むことでチームの結束と絆を深めることができます。
短縮URLを使って社内の最新情報を共有し、従業員とのコミュニケーションを図ることは、会社の最新情報や販売促進のための情報、文書を共有する場合でも有用です。

46 - クリエイティブ・ポートフォリオ

クリエイティブ職の方は自分の才能やスキル、能力を示す作品を8~10個ほど持っていることが多いと思います。
ジャーナリスト、ライター、フォトグラファー、グラフィックデザイナーなどは、見込み客との契約やフリーランスの仕事を獲得するためにポートフォリオを活用します。
短縮URLを使うことでポートフォリオの各コンテンツをクライアントが一目でわかるようにすることができます。

47 - 社内文書

Google DriveやOneDriveなどを使えば社内のドキュメントを仲間内で共有することがこれまで以上に簡単になります。
GoogleドキュメントやMicrosoft Wordの短縮URLを使えば、他のコンテンツへとつながり、部門を超えたチーム間のコミュニケーションが容易になります。
また、短縮URLを社内コンテンツに組み込むことで、社員がそのリンクに興味を持っているかどうか、そのリンクに対する反応を追跡することができます。

48 - ECサイトのホリデー商品

ホリデーシーズンはECサイトを運営する事業者にとって忙しい時期であることはよく知られています。
ECサイトではボタンを数回クリックするだけで季節のプレゼントを手軽に入手できます。
ギフトガイド、セール、そして「サイバーマンデー」や「ブラックフライデー」のような特別な祝日の間は、目当てのホリデーセールと他のセールを区別することが難しくなります。
ホリデーシーズンのページへの短縮URLを組み込むことで、お客様を正しいページに誘導し、迅速に買い物体験を提供できます。

49 - オフラインマーケティング

オフラインマーケティングの微妙なバランスを見ながら、世界はマーケティング戦術の新旧のバランスを取っています。
オフラインマーケティングは、ビルボード誌、テレビ広告、電柱に貼られたチラシなど、ブランドやビジネスを発見するための機会を提供してきました。
インターネット以外でビジネスを認知してもらうための選択肢は無数に存在するので、モバイルデバイスから簡単にウェブサイトにアクセスできるように短縮URLを利用するのが有効です。

50 - メンバーシップコミュニティ

ここ数年、オンラインでコミュニティを築きたいと考える人が増えていることから、メンバーシップコミュニティは大きな注目を集めています。
企業は、インフルエンサーや顧客を自社のコミュニティページに招待して、限定コンテンツや割引を提供することで活用し始めています。
また、コミュニティ内で短縮URLを使用することで、自社のサービスを宣伝したり、グループ内で無限に交わされる会話の中で自社のブランドメッセージを目立たせることができます。

まとめ

以上、短縮URLをビジネスに活用することで、ユーザーの利便性を高め、オンラインでのアクセスや交流をより良いものにする方法をご紹介しました。
ここまで短縮URLの活用方法をご紹介しましたが、リンクの最も重要な要素の1つであるドメインについては触れていませんでした。

URLのドメイン部分をカスタマイズすることで、信頼性を高め、ブランド認知度を高め、コンテンツへのクリック数を増やすブランドリンクを作成することができます。
また、ブランドリンクは簡単にアクセスでき、他のリンクよりも目立つことでビジネスを促進させます。
URLは小さなものかもしれませんが、オンラインビジネスの成長と成功に大きな影響を与えるのは確かです。
ビジネスに短縮URLを使ってみたいと思いませんか?今すぐBitly無料プランをご利用ください。

ナビプラス株式会社では、短縮URLサービス「Bitly」の企業向けプラン「Bitly Enterprise」を国内提供しています。
是非お気軽にお問い合わせください!

※本記事は「51 Ways to Use Short Links」を翻訳・加筆修正したものです。

お電話でもお気軽にお問い合わせください

tel_icon03-6367-1458

平日 9:00~18:00