SHOWCASE

導入事例

「限られたリソースで最大限の成果を出す」ためのシステムパフォーマンス、機能性、運用性

株式会社大都 様

「限られたリソースで最大限の成果を出す」ためのシステムパフォーマンス、機能性、運用性

サイト名DIY FACTORY ONLINE SHOP
DIY FACTORY BUSINESS
URL

大阪の天王寺区で戦前から大工道具や工具の販売を始め、2017年に創業80周年を迎えた株式会社大都(以下、同社)。三代目の現社長の就任を機に大きな業態変換を果たし、物販のみならず「DIY文化」を広めるために様々な情報を発信し続けている。

DIY FACTORY ONLINE SHOP<br />
DIY FACTORY BUSINESS

ナビプラスでは、同社が運営する「DIY FACTORY ONLINE SHOP(個人向け)」と「DIY FACTORY BUSINESS(事業者向け)」に「NaviPlusサーチ」と「NaviPlusレコメンド」を提供している。

豊富な品揃えを強みとする同社サイトにとって、商品を探す・選ぶために必須機能となっているサイト内検索とレコメンド。その活用状況と、ナビプラスの各サービスに対する評価について、同社のマーケティングチームの前田様にお話を伺った。

更なる飛躍に向けた成長企業としての課題

2002年にインターネット通販事業に参入後、着実に売上を拡大し、2012年には「楽天ショップオブザイヤー DIY部門大賞」と「ヤフーションピング 年間ベストストア賞」をダブル受賞。更に、DIY文化を広めるための自社メディアの運営や植物コミュニティSNS「Green Snap」の事業買収、日本初の体験型DIYショップの出店など、名実ともにDIY業界を牽引している同社。

しかし、事業が順調に進捗している一方で、更なる飛躍に向けた課題にも直面しているという。

短期的収益という観点だと、モール経由の物販が大半を占めているので、あらゆるリソースをモールの運営に振り向けるべきでしょう。しかし、「DIY業界のトータルプラットフォーム」を目指す当社にとっては、自社メディア及び実店舗の運営を通じたDIY文化の醸成は、事業戦略上欠かすことができません。モールで確実に収益を上げつつ、自社メディア・実店舗を運営してDIY文化を広めていく。この二つを両立させることが、当社としての現在の課題であり、現場には、限られたリソースで最大限の成果を出すことが常々求められています。

自社ネットショップの利便性向上にも注力

自社メディア・実店舗と同様、DIY文化を広めていくという観点と、より高収益な物販体制を築くために、売上規模ではモールに劣るものの、自社ネットショップの運営にも注力しているという。

ナビプラスとしての同社へのサービス提供は2010年まで遡り、長期間に渡って自社ネットショップの利便性向上に貢献している。

株式会社大都 マーケティングチーム 前田俊介様

 株式会社大都
 マーケティングチーム
 前田俊介様

自社ネットショップを運営する中で直面した一つの課題が「アイテム数の多さ」でした。アイテム数が10万件を超えた頃から、当時利用していたECシステムの標準のサイト内検索では、検索結果の表示に数秒かかるようになっていました。商品戦略上、取り扱いアイテム数を更に増やしていく方針でしたので、サイト内検索の改善は必須と考えてNaviPlusサーチの導入を決めました

「NaviPlusサーチ」の導入当初は10万件程度だったアイテム数も、2017年時点で100万件近くに到達。導入以前の課題であった検索結果のスピード問題は完全に払拭され、現在、検索エンジンの反応は平均0.1秒以下となっている。

成果を出すための独自の取り組み

2016年秋にはレコメンド機能をバージョンアップし、高精度なレコメンドを実装。そこでは、限られたリソースで最大限の成果を出すために、同社独自の取り組みも行っている。

モールでの購入履歴を基にしたアソシエーション分析を自社で行い、その分析結果データをNaviPlusレコメンドに反映させ、更なるレコメンドデータの最適化を図っています。いろいろ試行錯誤した結果ではありますが、現状は完成形に近いところまで到達していると思っています。

アソシエーション分析に基づくアイテム間の相関データ

アソシエーション分析に基づくアイテム間の相関データ
(NaviPlusレコメンドの管理画面)

システムのパフォーマンスや機能性に加えて、「運用性に優れている」という点も、当社がNaviPlusシリーズを評価している点です。管理画面で各種設定やロジックのチューニングができる上に、テクニカルサポートやコンサルティングのフォローも充実しているので、限られたリソースで成果を出すことが求められている当社のような企業にとって、まさに最適なサービスと考えています。

ナビプラスのツールと自社のビッグデータを活用し、まさに”DIY”でサイト内の導線の最適化を図っている同社。最適化のイメージとしてはほぼ完成しているが、さらに、ここからどのように進化させていくべきかは実は悩みどころとのこと。

ナビプラスとしても、その先の完成形に向けた支援ができるよう、今後も進化し続けていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめの記事

CONTACT

お問い合わせ

資料請求や説明のご依頼は、
お電話またはフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-5456-8017

03-5456-8017

受付時間 平日 9:00-18:00