ホーム> セミナー・イベント> NaviPlusシリーズご利用者様限定セミナー「マーケティングはスピードが命! GTMを利用したGo...

SEMINAR & EVENT

セミナー・イベント

セミナー 登録受付中! 終了しました

NaviPlusシリーズご利用者様限定セミナー「マーケティングはスピードが命! GTMを利用したGoogle Analytics運用のスピード化と、Ginzametricsを用いた自然検索のマネジメント」

開催日:2013.10.24(木) 場所:東京 料金:無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナビプラス株式会社は、自社が提供するサービス「NaviPlusシリーズ」をご利用いただいているクライアント様限定の特別無料セミナー「マーケティングはスピードが命! GTMを利用したGoogle Analytics運用のスピード化と、Ginzametricsを用いた自然検索のマネジメント」を2013年10月24日(木)に開催いたします。

第3回となるクライアント様限定セミナーですが、今回は、前回までのGoogleAnalytics解析を専門とする株式会社プリンシプル木田和廣氏に加え、SEO管理&分析プラットフォームGinzametrics(ギンザメトリックス)カントリーマネージャーの清水昌浩氏にもご登壇いただき、「自然検索のマネジメントとは?」についてご講演いただきます。

マーケティングのスピード感が求められる今、アクセス解析もSEOも、ツールをうまく活用して、施策立案の効率化・最適化を突き詰めたい、そんなご担当者様必見のセミナーです。

開催概要

日程 2013年10月24日(木)
時間 14:50〜17:20(14:30受付開始)
場所 東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 代官山DGビル9階
株式会社デジタルガレージ セミナールーム
地図 http://www.garage.co.jp/ja/access/
主催 ナビプラス株式会社
協力 株式会社プリンシプル/Ginzamarkets株式会社
定員 30名
参加費 無料
対象 ナビプラスの提供するサービス「NaviPlusシリーズ」をご利用中のお客様

セミナープログラム

14:30~ 受付開始
14:50~15:00(10分)

【ご挨拶】
「ナビプラスからのお知らせと本セミナーの説明」
ナビプラス株式会社 中鶴 健太

15:00~15:50(50分)

【第1部】
「Google Tag Managerで変わる、Google Analytics運用とマーケティング施策実施スピードの加速化」
株式会社プリンシプル 執行役員 木田 和廣

オンラインマーケターがコンバージョンアップの施策を実施する
場合に、準備として自社サイトにタグを埋め込むことが必要となる場合があります。例えば、以下のようなケースです。
・AdWordsのリマーケティングを実施するため、リマーケタグを埋め込む
・Google Analyticsが内蔵しているA/Bテスト(ウェブテスト)を実施するため、対象ページにテスト用タグを埋め込む
・アフィリエイトの効果測定を行うため、サンキューページにタグを埋め込む
・Goolge Analyticsのリマーケティングを実施したいので、タグの一部を修正する
・特定PDFのダウンロードをイベントトラッキングするため、タグにonclickイベントを挿入する

これまでは、マーケターはそのたびにシステムサイドに依頼し、埋め込みを待つ必要がありました。マーケティング施策の実施タイミングがシステムサイドの対応スピードに依存していたのです。

しかし、約1年前にGoogleがGoogle Tag Managerをローンチしてから、事情が大きく変わっています。もはや、マーケターはシステムサイドにタグの埋め込みを依頼する必要はありません。

本セミナーでは、Google Tag Managerの導入により、
・Google Analyticsの運用が如何にフレキシブルになるか?
・タグ埋め込みが必要なマーケティング施策が如何に素早く実施できるか?
を実例を交えて解説いたします。マーケティング施策を最速で実施したいマーケター必見の内容です。

15:50~16:00(10分) 休憩
16:00~16:50(50分)

【第2部】
「順位を上げるだけがSEOではない、自然検索のマネジメントとは」
Ginzamarkets株式会社 カントリーマネージャー 清水 昌浩

自然検索からの流入は約4割と言われており、自然検索のマネジメントはマーケティングの一環として欠かすことができない領域となっています。Googleのアルゴリズム変更に伴い、インハウスでSEO業務を行う企業が増えるトレンドにあります。

インハウスでSEO業務を行うことにより自社で蓄積している知見をコンテンツ化しやすいメリットがある一方、プロセスにおいて共通した課題として以下のようなケースが発生します。
・順位取得/レポート作成の手作業を減らしたい、インサイトを読み取り対策を考える時間を作りたい
・ロングテールキーワード対策をしたいが、どのように運用したらいいか困っている
・コンテンツが多すぎて、ソースの改善ポイントを探すのに工数がかかる
・競合比較をしたいが、どのように運用したらいいか困っている

本セミナーでは実例を交え上記課題を解決する方法をご紹介します。

また、他社と商材が被ることも多いコマースサイトにおいて、自社への集客力を高めるコンテンツ拡充のヒントについてもご紹介いたします。

16:50~17:20(30分) 質疑応答・個別相談会

PAGE TOP