ホーム> ニュース> ナビプラス、越境ECソリューション「BuySmartJapan」とデータフィード最適化サービス「DF...

NEWS

ニュース

ニュース

2018.02.28(水) お知らせ

ナビプラス、越境ECソリューション「BuySmartJapan」とデータフィード最適化サービス「DF PLUS」の連携を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ナビプラス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員CEO:篠 寛、以下「ナビプラス」)は、越境ECソリューション「BuySmartJapan(バイスマートジャパン)」と株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するデータフィード最適化サービス「DF PLUS」の連携を開始しました。

データフィード最適化サービス「DF PLUS」について

 「DF PLUS」は、株式会社フィードフォースが提供する、企業が保有する商品データを動的リターゲティング広告やGoogleショッピング広告、DMPなど多様な配信先に最適化する、国内No.1データフィード最適化サービスです。 EC・人材・不動産・旅行業界等の「更新頻度が高く、多くの商材を保有する企業」に対し、柔軟に運用可能かつ効果的なデータフィードを提供します。

URL:https://dfplus.feedforce.jp/

今後の展望について

 ナビプラスの持つ「海外からの購入に対応できる越境ECソリューション、4言語によるカスタマーサポート、120の国や地域への海外発送、多様な決済サービスやノウハウ」と、フィードフォースの持つ「データフィード最適化の深い知見・技術力」との深い連携が可能になり、今後さらなる越境EC、海外販売市場の開拓を進めてまいります。

「BuySmartJapan」とは

 「BuySmartJapan」とは、既存の日本のECサイトに簡単なコードを加えるだけで、海外からの購入に対応できるようになる越境ECソリューションです。「BuySmartJapan」では、中国語(簡体字・繁体字)、英語、韓国語、日本語の4言語によるカスタマーサポート、120の国や地域への海外配送、クレジットカード決済以外に、PayPal、Alipay、銀聯デビット決済など、越境ECで外せない多様な決済サービスに対応しています。

「BuySmartJapan」は、海外消費者から購入の依頼を受け付けた後、日本のECサイトで代理購入します。そのため、ECサイト側は自社で費用や工数をかけてECサイトの多言語化や海外発送体制を構築・運営せずとも、「BuySmartJapan」を導入するだけで、海外消費者への商品の販売が可能になり、チャージバックのリスクも回避できます。

URL:http://www.naviplus.co.jp/buysmart/

【ナビプラスについて】
 株式会社デジタルガレージの子会社として、ウェブサイトの収益力向上をテーマに、ユーザー行動履歴データ・商品コンテンツデータ・ユーザ属性データ等を収集・分析し、ウェブサイトのコンテンツやナビゲーションを最適化するマーケティングソリューションツールの提供等を行っています。
商号 : ナビプラス株式会社
代表者 : 代表取締役 篠 寛
本社所在地 : 東京都渋谷区恵比寿西1-7-7 EBSビル8階
設立年月日 : 2010年1月21日
資本金 : 2億2,000万円
URL: http://www.naviplus.co.jp/

【フィードフォースについて】
 フィードフォースは、 「働く」を豊かにする。〜B2B領域でイノベーションを起こし続ける〜 をミッションにB2B領域で企業の生産性を高めるサービスを提供し、ビジネスをより創造性溢れるものに変えていきます。
商号:株式会社フィードフォース
代表者:代表取締役 塚田 耕司
本社所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
URL: http://www.feedforce.jp/

PAGE TOP