ホーム> ニュース> ナビプラス、「ネットショップ担当者フォーラム」にてカゴ落ちメールに関する連載、第6回目を公開

NEWS

ニュース

ニュース

2016.12.06(火) メディア掲載

ナビプラス、「ネットショップ担当者フォーラム」にてカゴ落ちメールに関する連載、第6回目を公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットショップ担当者フォーラム カート落ちメール連載の第6回

ナビプラス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:篠 寛、以下:ナビプラス)は、株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大氏、以下インプレス)の運営する「ネットショップ担当者フォーラム」にて「カゴ落ちメールが変えるECサイトの新しい“接客”のカタチ」と題した寄稿連載、第6回を公開しました。

第6回目は『カゴ落ちメール配信システムの賢い選び方と3つの配信方法[比較表あり]』というタイトルで、実際にカゴ落ちメール配信を行う上での3つの方法について解説しています。1つ目はECシステムとメール配信システムの組み合わせる方法、2つ目はマーケティングオートメーションを利用する方法、3つ目はカゴ落ちメール配信ツールを利用する方法です。それぞれ特長とメリットとデメリットを分かり易く比較表にしてまとめています。

 

カゴ落ちメール配信システムの賢い選び方と3つの配信方法[比較表あり] | カゴ落ちメールが変えるECサイトの新しい“接客”のカタチ | ネットショップ担当者フォーラム

過去の記事:カート落ちメール連載【第1回】メルマガ1通あたりの獲得売上が50倍に! cottaの事例で学ぶ離脱フォローメールの効果

過去の記事:カート落ちメール連載【第2回】半年で1.5倍と急増中。「カゴ落ちメール」国内外の普及状況

過去の記事:カート落ちメール連載【第3回】リスクがあるのにやめられない!? ECサイトを悩ませる「メールマーケティングのジレンマ」

過去の記事:カート落ちメール連載【第4回】「カゴ落ち」対策で24%~43%も売上改善できる余地があるって知ってた?」

過去の記事:カート落ちメール連載【第5回】Web接客よりも自然にメリット訴求ができる「トリガーメール」を知っていますか?

 

今後もナビプラスは、各種業界紙への寄稿や、サイト内検索エンジン・レコメンドエンジンを主力としたマーケティングソリューションツールの提供を通じて、顧客のウェブサイトの収益力向上に貢献して参ります。

 

【NaviPlusリタゲメールについて】
「NaviPlusリタゲメール」は、おもにオンラインショッピングなどのECサイトにおいて、サイトに訪れたユーザへEメールでリターゲティングするソリューションです。 たとえば、ショッピングカート画面より購入手続きを進める途中で商品を買わずにサイトを離脱する、いわゆる”カゴ落ちユーザ”がいたら、「お買い物忘れはありませんか?」あるいは「ご来店ありがとうございます」という趣旨で、サイトへの再訪を促すメールを自動送信することができます。
https://www.naviplus.co.jp/rtg-mail/

【ナビプラスについて】
ウェブサイトの収益力向上をテーマに、ユーザ行動履歴データ・商品コンテンツデータ・ユーザ属性データ等を収集・分析し、ウェブサイトのコンテンツやナビゲーションを最適化するマーケティングソリューションツールの提供等を行っています。
 商号 : ナビプラス株式会社
 代表者 : 代表取締役 篠 寛
 本社所在地 : 東京都渋谷区恵比寿西1-7-7 EBSビル8階
 設立年月日 : 2010年1月21日
 資本金 : 2億2,000万円
 URL : https://www.naviplus.co.jp/

※本プレスリリースに記載されている会社名・商品名・サービス名は、各社の登録商標または商標です。

【本件に関するお問い合わせ】
ナビプラス株式会社 広報
Tel:03-5456-8017(代表) Email: info@naviplus.co.jp

 

PAGE TOP