ホーム> ニュース> ナビプラス、フィードフォースのデータフィード「DF PLUS」と連携 ~アライアンス・プログラム「B...

NEWS

ニュース

ニュース

2016.09.06(火) お知らせ

ナビプラス、フィードフォースのデータフィード「DF PLUS」と連携 ~アライアンス・プログラム「Beyond(ビヨンド)」に参加~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

news_feedforce_0906

 ナビプラス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:篠 寛、以下:ナビプラス)は、株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区、代表取締役:塚田 耕司、以下「フィードフォース」)が提供するデータフィード統合管理サービス「DF PLUS」と連携し、この度フィードフォースが提供するデータフィード・アライアンス・プログラム「Beyond(ビヨンド)」に参加することになりました。

EC事業者のメリット

すでに「DF PLUS」を利用しているEC事業者は、ナビプラスの「NaviPlusサーチ」および「NaviPlusレコメンド」の導入時、新規で商品データを用意する必要がなく、「DF PLUS」から「NaviPlusサーチ」および「NaviPlusレコメンド」用の商品データを用意することができます。

データフィードとは

 『自社で保有している商品などのデータを、広告配信先のフォーマットに変換して送信する仕組み』
具体的には、Facebookダイナミック広告やCriteoなどの動的リターゲティング広告、Googleショッピング広告、Indeed等のバーティカルメディア、価格比較サイト、DMPなど、各マーケティング施策ごとのフォーマットに合わせて、企業が保有する自社データを自動で変換し、提供する仕組みのことを「データフィード」と呼びます。

◆データフィード統合管理サービス「DF PLUS」とは
 「DF PLUS」は、フィードフォースが提供する導入実績No.1データフィード統合管理サービスです。企業の商材データをGoogleショッピング広告やCriteo、Facebookなどのダイナミック広告を含む多様な配信先に最適化し、広告効果の向上に貢献します。EC・人材・不動産・旅行業界等の「多くの商材を保有する企業」に対し、複数の配信先を統合管理し、柔軟に運用可能なデータフィードを提供します。
URL: https://dfplus.feedforce.jp/

【フィードフォースについて】
 フィードフォースは、「企業の持つ情報を適切な形でユーザーに届ける」ことを事業とするデータフィード領域のリーディングカンパニーです。データフィード統合管理・最適化サービスや、ソーシャルログインサービスを提供し、数多くの企業のマーケティングを支援しています。
商号:株式会社フィードフォース
代表者:代表取締役 塚田 耕司
本社所在地:東京都文京区湯島 3-19-11 湯島ファーストビル5F
事業内容:データフィード関連事業 / デジタル広告関連事業 / ソーシャルメディアマーケティング関連事業 / その他事業
URL: http://www.feedforce.jp/

【ナビプラスについて】
 株式会社デジタルガレージの子会社として、ウェブサイトの収益力向上をテーマに、ユーザー行動履歴データ・商品コンテンツデータ・ユーザ属性データ等を収集・分析し、ウェブサイトのコンテンツやナビゲーションを最適化するマーケティングソリューションツールの提供等を行っています。
商号 : ナビプラス株式会社
代表者 : 代表取締役 篠 寛
本社所在地 : 東京都渋谷区恵比寿西1-7-7 EBSビル8階
設立年月日 : 2010年1月21日
資本金 : 2億2,000万円
URL: http://www.naviplus.co.jp/

PAGE TOP