ニュース 2019.03.12
ECサイトリニューアル検討時に確認すべき5つのポイント

ECサイトリニューアル検討時に確認すべき5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自社ECを運営されているEC事業者様であれば、定期的にサイトのリニューアルについてご検討されるかと思いますが、そもそもサイトのリニューアルとはどんなことを指すのでしょうか?

またサイトのリニューアルではどんなことを確認すべきなのでしょうか?
先日、2019年2月8日に東京ビッグサイトで開催された「イーコマースフェア 2019 東京(第12回)」にて、ナビプラスでは「ECサイトリニューアル検討時に確認すべき5つのポイント」と題した講演を行いました。
今回は、講演レポートとして当日の内容をご紹介いたします。

当日の様子

2019年2月7日と同8日の2日間にわたって開催された「イーコマースフェア 2019 東京(第12回)」の2日目、午前10時45分スタートの講演でしたが、既に多くの方がご来場されておりました。
そして、大変ありがたいことですが、会場の座席数120は満席となり、さらに20名以上の方に立見にてお聞きいただけるほどの盛況ぶりでした。

講演のタイトルは、「ECサイトリニューアル検討時に確認すべき5つのポイント」。ECサイトのリニューアルにおいて重要なポイントをお伝えし、リニューアル検討時にお役立ていただけたらと考え、今回お話しさせていただきました。

≪講演内容≫

1. ECのリニューアルとは?
2. 事例から考える – リニューアルが成功するとどうなるか
3. リニューアル検討時に確認したい5つのポイント
 ①目標は具体的に定義する
 ②ECにとって重要なKPIを分析する
 ③競合サイトを調べ尽くす
 ④ユーザ視点で課題を抽出する
 ⑤導入サービス軸で確認する

講演の様子

≪1.ECのリニューアルとは≫

一口に、サイトのリニューアルといっても様々です。
まずは、「リニューアルしたい理由」
・サイトのデザインが古いので、スマートフォンに対応した新しいデザインに変更したい
・商品管理、受注管理、在庫管理など様々なシステムを使っているので、一つのパッケージで業務を一元管理したい
・店舗値ECで商品在庫情報を連携させたい
など、理由も様々です。

次に、「リニューアルのレベル」
レベル1.サイトのデザイン変更、スマートフォン対応など、主にフロント側の対応。
レベル2.デザイン変更に加え、新たなシステム/ツールの導入、バックグラウンド側の処理の改修など。
レベル3.ECパッケージやバックオフィス(物流等)システムの刷新、実店舗との連携(オムニチャネル対応)
などの対応。

まとめると「ECサイトリニューアル」とは、「課題解決のために、ECの一部/全体を一新すること」です。

≪2.事例から考える – リニューアルが成功するとどうなるか≫

例えば、ある大手アパレル系ECサイトでは、リピータ顧客からの売上が減少しているため、1to1でのCRM施策の最適化が課題となっていました。その解決策として、MAツールの導入とそれにともなうサイトリニューアルにより、リピータ顧客との1to1でのCRM施策を実現。結果、リピータ顧客からの月間売上はリニューアル前より25%アップしました。

≪3.リニューアル検討時に確認したい5つのポイント≫

本講演のメインテーマである「リニューアル検討時のポイント」について5つをご紹介しました。
「5つのポイント」
 ①目標は具体的に定義する
 ②ECにとって重要なKPIを分析する
 ③競合サイトを調べ尽くす
 ④ユーザ視点で課題を抽出する
 ⑤導入サービス軸で確認する

目的を明確に、ポイントを絞ることによって、より効果的なリニューアルが実現できるかと思います。
ユーザ視点での課題の抽出は、アクセス解析では分からない課題が抽出できるなどメリットも大きいのですが、シナリオ作成やユーザ集めなど、自社での実施には高いハードルが伴います。自社のリソースや知見によっては、ナビプラスの「E2B診断サービス」などの外部サービスも検討いただく価値があると考えております。

講師:ナビプラス株式会社 セールス&マーケティング部 小野
========================================================

≪「E2B診断サービス」とは≫
W2B診断サービスとは、700サイト超のマーケティングツール導入実績と、一般ユーザの声をもとにしたECサイトの買いやすさ(Easy to Buy)を診断するサービスです。
URL:https://www.naviplus.co.jp/e2b/

========================================================
「イーコマースフェア 2019 東京(第12回)」概要
UBMジャパンが主催する国内初のイーコマース・通販イベントとしてスタートした本展は、業界向けの最新システムから運営ノウハウまでオンラインビジネスに関わる企業が一堂に集結するイベントです。
■2月7日(木) 5,439名
■2月8日(金) 5,296名
合計: 10,735名 (併催展及び2日間来場者含む)


ナビプラスでは今後もEC事業者様にお役立てる情報をイベント、ウェブサイト、
メルマガなどを通じて発信していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方にオススメの記事