トレンド 2018.12.11
2018年人気記事5選

2018年人気記事5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもお世話になっております。ナビプラスです。
2018年もあと1か月足らずとなり、皆さまも年末年始商戦にお忙しいところかと思います。

今年もナビプラスでは、さまざまな記事を本ブログに投稿してまいりました。
本日は今年、2018年よく読まれた記事トップ5をご紹介いたします。

第5位:2018年版「BuySmartJapan」における海外消費動向レポート

2018年も引き続き盛り上がりを見せた越境EC。一時のバズワード的な勢いは若干落ち着いた感じがしますが、中国で来年1月から施行される中国電子商取引法(越境ECを含む中国EC業界の規制強化)の可決もあり、あらためてどのように取り組むべきかの議論が深まった年でもあったと言えます。ナビプラスの越境ECサービス「BuySmartJapan」における消費動向のレポートを発行しました。

第4位:写真付きレビューで最大91%のコンバージョンUP

UGC(User Generated Contents ユーザ生成コンテンツ)という言葉を見聞きすることも多くなってきたのではないでしょうか。その代表でもある消費者のレビュー(クチコミ)を収集、掲載するECサイトも着実に増えつつあります。より商品を魅力的に見せるレビューとして「写真付きレビュー」を紹介しました。ナビプラスのレビュー管理サービス「NaviPlusレビュー」にも新たに画像投稿機能がリリースされました。

第3位:成功企業に学ぶ「パーソナライズドレコメンド」活用法

商品のレコメンドと聞くと、ECサイト上での事例がぱっと思い浮かびますが、メールやSNS、アプリなどでの活用も広がっています。ナビプラスにも、そういった活用に関するお問い合わせが増えた1年でした。「NaviPlusレコメンド」も、各種サービスとの連携で様々なチャネルでの配信ができます。

第2位:Bitlyの短縮URLをマーケティングに活用!3つの成功事例をご紹介

短縮URLサービス「Bitly」の活用についての記事が2位となりました。SNSマーケティング、インフルエンサーマーケティング、オフラインマーケティングといった場で短縮URLが活用されています。Bitlyは、URLのクリックデータの分析機能も充実しているため、マーケティングの各施策の効果測定も簡単に行えます。

第1位:GoogleのURL短縮サービスが終了。代わりとなるサービスはどれ?

そして2018年、最も読まれた記事も「Bitly」でした。しかもダントツぶっちぎりのアクセス数となりました。2019年3月30日にGoogleの短縮URLサービス「Google URL Shortener」が終了するということで、本記事への注目が集まっています。もうあと数か月となりますので、まだ対応されていないユーザーの皆様は急ぎご確認ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方にオススメの記事