ニュース 2018.10.12
最新版「NaviPlusリタゲメール」における離脱メール利用状況レポート(2018年3月〜9月)

最新版「NaviPlusリタゲメール」における離脱メール利用状況レポート(2018年3月〜9月)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!ナビプラスです。

ナビプラスでは、リターゲティングソリューション「NaviPlusリタゲメール」における離脱メールの利用状況についてのレポートを定期的にご紹介しており、今回はその最新版のご案内です。

離脱メールの最新状況となりますので、是非ご参考いただければと思います!

カゴ落ちメール、ブラウザ放棄メールとは

カゴ落ちメールとは、商品をショッピングカートに入れたものの購入に至らなかったユーザに送るメール施策です。
ブラウザ放棄メールとは、商品詳細ページを閲覧したもののショッピングカートに商品を入れることなく離脱したユーザに送るメール施策です。

カゴ落ちメール、ブラウザ放棄メールの平均反応率を調査

本レポートは、NaviPlusリタゲメールを使って実施しているカゴ落ちメール、ブラウザ放棄メールの平均反応率(クリック率、購入完了率)や売上シェアを業種別にまとめたものです。

ナビプラスでは、離脱メール施策については以下シナリオで自動配信することを推奨しており、今回の調査はこの4通の離脱メールそれぞれの平均クリック率、平均購入完了率及び売上シェアについてまとめました。

 

カゴ落ちメールは高い反応率、ブラウザ放棄メールは高い売上シェア

※クリック率・・・メール内のリンクがクリックされた割合になります。メール1通につき1クリックまでを対象として算出しています。
※購入完了率・・・クリックされたうちの購入完了率になります。
※売上シェア・・・サイト全体の売上における、NaviPlusリタゲメール経由売上の割合になります。

前回同様どのメールも高い反応率が出ており、購入モチベーションの高いユーザへ的確にアプローチができていることがわかります。

本レポートでは、この他に業種別データなども掲載しております。
離脱メール施策の参考としていただければ幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方にオススメの記事