ノウハウ 2018.05.09
Bitlyの短縮URLをマーケティングに活用!3つの成功事例をご紹介

Bitlyの短縮URLをマーケティングに活用!3つの成功事例をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある調査によると、およそ95%ものマーケティング担当者が、複数のチャネルを活用したマーケティングが重要であると考えているそうです。しかし、これらのマーケティング担当者の半数以上が新しいチャネル、デバイス、トレンドに対応していくのに苦労しています。

では、より複雑化する今日の環境でクロスチャネル・マーケティング戦略を構築するには、どうすれば良いのでしょうか?

その解決策の一つが、Bitlyの短縮URLです。Bitlyをどうマーケティングに活用しているのか、実際の活用法に迫ります。

この記事は、Bitly本社のブログに掲載されている記事を翻訳したものです。

URLをマーケティングに活用する

どんなチャネルにおいても使われている”URL”。
その役割は、ただユーザーをコンテンツに遷移させるだけではありません。

Bitlyで生成されるオリジナルドメインの短縮URLを利用することで、コンテンツのブランドイメージをより高めることが可能になります。

また、充実した効果測定の機能により、キャンペーンの効果のテスト、およびベンチマークのパフォーマンス測定などにも活用できます。

さまざまな業界の方に、マーケティング活動の促進のためにどのように短縮URLを活用しているのかをお聞きしました。

SNSマーケティング

Bitlyを使うことで、どの短縮URLがクリックされやすいのか、クリック率を比較し、最適化することができます。

Twitterでのマーケティング支援サービスを提供するSocial Quantでは、Bitlyを使ってURLのクリックデータの分析を行っています。

Bitlyで効果的にURLの比較を行うことで、どのようなURLがクリックされやすいのか、傾向をつかむことができました。

と、CEOのMike Kawulaは述べています。

Social Quantでは新しいブログが投稿されると、カスタマイズされた短縮URLを複数個用意し、どの短縮URLでもっともクリックが獲得できるのか、Twitterでテストしているそうです。

次の日にそのデータを確認し、最もクリックされたURLを、もっと大きなセグメントでツイートします。

短縮URLのA/Bテストを行うことで、どの短縮URLがユーザーに伝わりやすいのかを知ることができます。

このデータによってTwitterのマーケティング効果を最大化することができ、無名のスタートアップが月に25,000人以上のユーザーをTwitterから流入させるのに役立ちました

インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングは、他のマーケティングチャネルに比べ投資収益率(ROI)が10倍以上とも言われています。しかしほとんどの場合、ROIを追跡することは困難です。

Bitlyでは、インフルエンサーごとにカスタマイズされた短縮URLを割り振ることで、ROIの追跡を可能にします。

Bitly Enterpriseの機能であるOneViewを使用することで、各インフルエンサーの投稿からのクリック数と、インフルエンサーマーケティングプログラム全体のパフォーマンスを正確に把握できます。

LucasfilmとHPは、映画スターウォーズの公開を宣伝するため、Instagramのインフルエンサーを起用することにしました。

各インフルエンサーにはBitlyのカスタム短縮URLが与えられ、その短縮URL経由でHP社の特集ページに誘導しました。

そのうちの1人、ミュージシャンRudy Mancuscoは、スターウォーズのテーマソングのリメイクバージョンを投稿し、1つの投稿で約7万のお気に入り、298のコメントをもらい大成功を収めました。

オフラインマーケティング

Bitlyの短縮URLを使えば、マーケティング効果の測定はオンラインだけにとどまりません。チラシなどの紙媒体からアクセスしてきた潜在顧客の数も測定できます。

AE Home Groupの不動産代理店およびチームリーダーであるJeff Miller氏は、Bitlyの短縮URLを使用して、住宅展示会でのチラシの掲載結果を追跡しているといいます。

住宅展示会の出席者から連絡先情報を収集することは、よく行われています。私たちはそれより一歩先を行く、出席者の関心を追跡するために、Bitlyを使用しています

とJeff氏は言います。

Jeff氏は、チラシごとに固有の短縮URLを生成し、どの参加者がどのチラシを受信したかを追跡しているそうです。イベントの数日後、ジェフと彼のチームは、住宅展示会の出席者がリンク先ページを訪れたかどうかを確認します。それにより、購入する可能性が高い人に絞ってアプローチをかけていくことができます。

Bitlyで、時間をかけずにURLのクリックデータを分析

マーケティングのチャネルが多岐にわたり、複雑化している昨今では、ユーザーの流入経路を把握するのは一苦労です。

Bitlyの短縮URLを使用することで、どのコンテンツが最も盛り上がりを見せているか、どのチャネルが最もROIを高めるかをすぐに知ることができます。

今こそ、URLを有効活用するときです。

Bitlyエンタープライズのお問い合わせ、お申し込みは日本での総代理店を務めるナビプラス株式会社までお願いします。

※bitlyのフォームへ遷移します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方にオススメの記事