ニュース 2018.04.18
2018年版「BuySmartJapan」における海外消費動向レポート

2018年版「BuySmartJapan」における海外消費動向レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当社は2019年8月1日をもって、越境EC事業(BuySmartJapan)を株式会社ナビバードに譲渡いたしました。本事業譲渡に伴い当該事業におけるサービスは今後、株式会社ナビバードからご提供いたします。詳しくは「越境EC事業譲渡に関するお知らせ」をご覧ください。

また、上記の理由により、以下の内容は古い内容を含む可能性があります。最新の内容につきましては、株式会社ナビバードのホームページよりご確認ください。

こんにちは!ナビプラスのkaです。

本日は、昨年ご好評いただいたナビプラスの越境EC支援サービス「BuySmartJapan」における海外消費者の動向をまとめたレポートの最新版をご紹介します。

国別の購買傾向など昨年同様の調査項目に加え、ユーザーの性別や年代別の購買傾向など、EC事業者様の関心が高い項目を新たに追加しました。

BuySmartJapanでお届けた商品と配送先
BuySmartJapanの購入者の年代別の利用傾向

今回のレポートをまとめるにあたって、やはり海外消費者が購入する日本の商品はますます幅広くなってきているなあと強く感じました。

国や地域によって消費者の購買傾向がそれぞれ異なることも興味深いです。また、性別や年齢といった属性ごとの購買傾向を通して、海外消費者の習慣や好みへの理解を深めることもできるのではないでしょうか。

ナビプラスでは、既存の国内向けECサイトをそのまま利用し、越境ECに対応させるソリューションとして「BuySmartJapan」を提供しております。手軽に越境EC対応したいというEC事業者のニーズにお応えし、2015年の汎用リリース以来、70以上のECサイトへの導入実績があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方にオススメの記事