ニュース 2016.01.04
2016年 新年のご挨拶と今年の抱負

2016年 新年のご挨拶と今年の抱負

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

謹 賀 新 年

旧年中は格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます
本年もお客様のビジネスを成功に導く“ナビゲーター”として
社員一同誠心誠意サービスに努めてまいりますので
相変わらずのご愛顧の程お願い申し上げます
 
皆様のご健勝と貴社の益々のご発展を心よりお祈り致します
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます

2016年1月
ナビプラス株式会社

 

2016年はじめは恵比寿神社で初詣

明けましておめでとうございます。ナビプラスの山口です。

ナビプラスは1月4日が仕事はじめでしたが、ほぼすべての社員で恵比寿神社に初詣に行きました。毎年、年明けの恒例行事となっています。恵比寿神社は、その名の通り商売繁盛の神様として崇められており、毎年多くの企業が恵比寿神社で参拝し、昇殿参拝(しょうでんさんぱい)を受けています。

ナビプラスの2015年は、クロスボーダーECやセキュリティにも事業領域を広げたことにより、
新たなメンバーも増えました。

参加できなかった社員もいますが、集合写真を撮影。

新しいメンバーも含め、新たな気持ちで2016年をスタートすることが出来ました。

今年は旧年以上に、変化の1年になると思います。これからも【IT環境の変化】を見据えながら、お客様に貢献していけるよう社員一同、努力する所存でございます。

 

NaviPlusメンバーより2016年の抱負

執行役員ほか、営業、テクニカルサポート、エンジニアより本年の抱負を発表いたします。

執行役員/セールス&マーケティング部 部長 :高橋

第2/第3の柱となる事業の成長、メール領域の新しいソリューションのリリースなど、2015年に芽吹いた“新たな可能性”を2016年には本格的に開花させ、更に多くの顧客・パートナーに還元できるように、邁進します。

執行役員/サービス統括部 部長 :梅染

昨年は、ナビプラスではNaviPlusリタゲメール等の新サービスがリリースされ、プライベートでは、籍を入れ新生活を始める等、挑戦?の一年でした。今年は、サービス統括部一同、より良いサービスとなる様、調査・研究・開発に邁進し、公私に留まらず、お客様にとっても益々の飛躍の一年となるよう磨励自彊いたします。

セールス&マーケティング部 マネージャー :井口

新年あけましておめでとうございます。昨年は新サービスの効果を実感されたお客様が増えたことが何よりの喜びでした。皆さまからの更なる期待や頂いたフィードバックを活かし、今年も喜ばれるサービスめざし精進して参ります。

事業企画室 マネージャー :藤川

昨年はLR賃貸が大きく伸びた年でした。年明けは賃貸物件をお探しのニーズが高まる時期ですので、年始は一層気を引き締めて行きたいと思います。昨年仕込んでいたサービスのリリースにとどまらず、本年も新しいサービス企画、開発、デリバリーを行うことで新たな価値提供を行っていきます。

セールス&マーケティング部(営業):湯澤

2016年は、さまざまな分野のお客様に対して、事業戦略を踏まえた企画提案を意志と情熱を持って提供していきます!

セールス&マーケティング部(広報):筒井

昨年は、新サービス「naviplusリタゲメール」のリリースや、メディアでの2本の連載スタートなど、様々な取り組みを行ってまいりました。また、おかげさまで、主催したセミナーへの来場者数は過去最高となりました。 本年も引き続き、お客様・パートナー各社様に役立つ情報を発信してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

セールス&マーケティング部(テクニカルコンサルタント):園田

新年あけましておめでとうございます。本年は お客様やパートナー様が躍動/躍進し、ビジネス成功へのお力になれるよう社員一同、誠心誠意ご助力いたします。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

サービス統括部(リーダー 兼 ソリューションエンジニア):泊り

昨年は、年頭より新しいプロジェクトがスタートしたりと、私個人としてもチャレンジができた年だったかなぁと感じています。本年も、より一層安定したサービスの提供を目指すことはもちろん、お客様のビジネスをサポート出来るような機能・サービスの開発を目指して参ります。

サービス統括部(ソリューションエンジニア):高橋

【人に先んじて行動を起こす】を行動指標として、昨年はサービス開発に取り組んでおりました。今年はより精度を上げ、お客様により良い価値を提供できるよう精進してまいります。本年も何卒よろしくお願いいたします。

本年も宜しくお願いいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方にオススメの記事