トレンド 2015.10.19
Netflixにおけるトップページでのパーソラナイズド・レコメンド

Netflixにおけるトップページでのパーソラナイズド・レコメンド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。ナビプラスのsagawaです。

今年は、音楽や動画のサブスクリプションサービスがどんどんリリースされましたね。
私はAmazonプライム会員なので、「Amazonプライムビデオがリリースする前に、一応Netflixも使ってみよう!」ということでこの1ヶ月くらい使ってみました。実際に使ってみると、トップページでのレコメンドが非常に良く、毎日のようにアクセスしてしまったので、本日はその中身を紹介します。

ちなみに、私はスマホアプリを使って閲覧していました。おそらく、ユーザの閲覧履歴や会員属性情報によって構成要素が変わってくると予想されますので、あくまで1ケースとして捉えていただければと思います。

 

トップページの約30%がパーソナライズド・レコメンド

まず、スマホアプリのトップページは17の要素(枠)で構成されていました。
17枠中、パーソナライズド(=ユーザによって異なるものを表示)されているのは、おそらく6枠で、約30%でした。上から順番に解説してきます。※太文字はレコメンドと思われるものです

1.スポットライト
おそらくNETFLIXからのオススメです。17枠の中で一番大きな画像で、スマホ画面の横幅いっぱいに1つの作品を表示しています。

2.○○さんの視聴中コンテンツ
私が途中まで見た複数の作品が並んでいます。連続ドラマは1話見終わると自動的に次のエピソードに切り替わるので便利です。私は海外ドラマにハマっていたので、ここばかりクリックしていました。

3.Netflixで人気の作品
スマホの横幅では3作品が表示され、スライドすると全部で約70作品ありました。海外、日本、映画、ドラマなど幅広いジャンルが並んでいます。

4.話題の作品
上の「Netflixで人気の作品 」とかぶっているものもありますが、より自分の興味に近いように感じます。もしかしたら、ここもパーソナラズドされているのかもしれません。

5.作品Aに類似する作品
登録時、アプリを立ち上げるとまずは興味のあるジャンルをチェックします。そこでチェックした商品を軸に、関連する作品を並べているようです。ちなみに、初めに好きな作品やアーティストを登録するのはAppleミュージックなど音楽配信サービスでも見られる手法ですね。

6.作品Bをご覧になったあなたへ
タイトル通り、閲覧履歴を基にしたレコメンドです。

7.新着
言葉の通り、Netflixで最近追加された商品のようです。人気の作品などその他の枠とたまに重複する作品もありますが、別の作品が並んでいます。自分が普段見ないジャンルが並んでいることもあり、実際にこの枠から動画を選択することはなかったのですが、誰かと一緒に見るときに、いろんなジャンルがあることが認知されていればリピート率のアップ、解約阻止に繋がりそうです。

8.欧米/TV番組・ドラマ
もしかしたら私が海外ドラマばかり見ていたから表示されているのかもしれません。

9.Netflixオリジナル作品
文字通りです。余談ですが、今まで知らなかった面白い作品に出合え、寝不足になりそうです。

10.作品Cをご覧になったあなたへ
文字通りのレコメンドです。

11.○○さんにイチオシ!
またパーソナライズド・レコメンドです。73作品ありました。
ちなみに、ある日の私へのオススメ作品を調べたところ、このような分布でした。
 ・見たことがある 23作品
 ・見てみたい 4作品
 ・どちらともいえない 9作品
 ・興味が持てない 37作品

興味が持てないとしたのは、「ストーリーを知っているが見たいと思わなかった」「見た目からして興味なし(私の場合はホラー系)」です。実際には魅力的な作品もあるのかもしれませんが、その作品の詳細情報を見ようと思わなかったので「興味が持てない」としました。
全体の約1/3は過去、Netflix以外で既に見たことがある作品でしたので、パーソナライズド・レコメンドのロジックとしてはまあまあかなと感じました。これも閲覧商品が増えると、より精度が上がっていくのかもしれませんね。

12.新作セレクション・・・おそらく、新着から選ばれたオススメかなと思います。
13.作品Dをご覧になったあなたへ・・・またレコメンドです。
14.エキサイティングな映画
15.ドキュメンタリー
16.ファミリーアドベンチャー
17.アニメ

 

まとめ

やはり、観た作品からレコメンドされるとかなり惹かれる作品が並びますね。
また、複数の履歴から1枠で「あなたにオススメ」とするだけでなく、1つの商品をキーとしたオススメ枠を4枠に分けて設けているのも興味深い施策です。閲覧商品毎にオススメ枠を別に設けることで、1枠にレコメンドされる作品のジャンルが絞られ、より綺麗で選びやすいオススメ枠になっています。

結局、約1ヶ月の間、ひとつの海外ドラマを中心に見ていたということもありますが、ほとんどの場合がトップページからレコメンド枠をクリックして作品を閲覧していました。画面遷移が少なく、スループットが最適化されていて非常に快適でした。

似たようなことはNaviPlusレコメンドでも実装できますので、ご興味ございましたらお問い合わせください。

NaviPlusレコメンド 機能詳細
導入事例はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方にオススメの記事