ノウハウ 2015.05.15
今のままのサイト内検索で良いのですか?!サイト内検索チェックシートのご紹介

今のままのサイト内検索で良いのですか?!サイト内検索チェックシートのご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。NaviPlusセールス&マーケティング部のsagawaです。

突然ですが、
『サイト内検索は、ECのパッケージに標準でついているし、今はそれで機能しているから問題ない』
とお考えではないですか?

でも、実際には専門のサイト内検索エンジンを入れると、検索経由の売上やコンバージョンが向上することが多いのです。新規のお客様の獲得に注力するだけではなく、サイト内検索を見直すことでより高い成果を上げられるかもしれませんよ!

ナビプラスでは、サイト内検索の見直しのために活用できる資料をご提供しております。
本日はその2つの資料についてご紹介させていただきますので、ぜひ一度、自社のサイト内検索について確認してみてください。

サイト内検索チェックシート

スライド2枚、全部で27個のチェックポイントを設けています。
「ユーザビリティ」「検索精度」「スピード・更新性・システム負荷」「効果測定」の4つの項目からご確認いただくことができます。

サイト内検索チェックシート

サイト内検索診断ガイド

サイト内検索チェックシートに沿って、自社サイトのどこを確認していけば良いかを説明した資料です。
また、サイト内検索エンジン”NaviPlusサーチ”の「0件ヒットキーワード確認」や「サジェスト」などの機能のご紹介や実際の導入事例とその効果、サイト内検索のKPIを取得するためのアクセス解析ツール(Google Analytics)の設定方法なども掲載しています。

お役立ち資料イメージ

「資料がほしい!」と思われた方は、お問い合わせフォームより「サイト内検索診断ガイド:希望」とご記入いただきお申し込みください。

お役立ち資料ダウンロード

 

NaviPlusサーチ 機能詳細

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方にオススメの記事