ノウハウ 2014.05.30
スマホ広告でCV率を上げるために抑えておきたいポイント

スマホ広告でCV率を上げるために抑えておきたいポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。nakatsuruです。

当社のパートナー企業の方々にインタビューをして、彼らが持つサイト活性化・最適化のノウハウを紹介するシリーズの第2弾です!

今回は、株式会社ファンコミュニケーションズの執行役員 ADN事業部長 二宮幸司氏と、同事業部 営業推進部 マネージャー 加藤真悟氏にお話を伺いました。

ファンコミュニケーションズは、日本最大級のアフィリエイトサービス「A8.net」で有名ですが、二宮氏・加藤氏のADN事業部では、スマートフォン向けアドネットワーク「nend(ネンド)」の開発・運営を行っています。
そんなお二人から、「スマホ広告でCV率を上げるために抑えておきたいポイント」について教えてもらうことができました!
スマホ経由の売上が伸びてきているEC事業者様、これからもっと伸ばしたいと考えられているEC事業者様は必見です!


nakatsuru:
本日は宜しくお願いします。

二宮氏・加藤氏:
宜しくお願いします。

nakatsuru:
最近、ECサイトの売上におけるスマホ経由の割合が増えてきています。弊社でも、お客様から「スマホでの売上がPCを抜いた」というお話をよく聞くようになりました。
広告においても、EC事業者のスマホ広告の出稿量は増えてきていると思うのですが、nendを利用するEC事業者は増えてきていますか。

加藤氏:
nendをご利用いただくEC事業者様は増えてきていますね。特に、10代〜20代をターゲットとしているEC事業者様の出稿が増えています。ジャンルでいうとファッション系が多いです。

nakatsuru:
そうですか。配信方法はやはりリターゲティングが多いのでしょうか。

加藤氏:
そうですね。リターゲティングを使って成果を出されている広告主様が多いです。

nakatsuru:
nendはスマホ向けアドネットワークですが、広告配信においてPCとスマホの違いってありますでしょうか。

二宮氏:
違いというか、PCより特に意識しなければならないのは、「クリエイティブの画質」ですね。画質の善し悪しは、CTR・CVRに大きく影響します。
スマホは、画面解像度が高いという特徴と、画面に占める広告の割合が高くなるという特徴があるので、画質の悪い広告だと、ユーザーに嫌悪されてしまいます。逆に、画質が良いクリエイティブであればユーザーにクリックしてもらいやすくなります。効果で言うと3〜4倍は変わってきます。
当たり前のことと思われるかもしれませんが、これは非常に大事です。nendでは広告主様に、高解像度バナーを入稿いただくことをお願いしています。例えば320×50の枠用のバナーであれば、640×100のサイズで制作いただきます。

nakatsuru:
なるほど。スマホはPCより広告の視認性が高いので、画質がユーザーの行動により大きく影響するのですね。

加藤氏:
もう1点、出稿開始時は10〜20本はご用意いただくよう提案しています。仰る通り、スマホはPCより広告の視認性が高いので、クリエイティブによってCTR・CVRが格段に変わってきます。
高画質は大前提として、訴求点や見せ方のパターンをいくつも作って、A/Bテストを繰り返すことで確実に効果は高められます。広告主様がよいと思っているクリエイティブと、実際にユーザーの反応がよくてCVに繋がるクリエイティブは、全然違ったりしますからね。検証を繰り返して、広告主様それぞれのノウハウを貯めていかないといけません。

二宮氏:
クリエイティブに力を入れられないようであれば、出稿しないほうがマシ、くらい。w

加藤氏:
あとサイズについてですが、300×250は効果が良いですね。これも視認性によるところもありますが、大きなバナーの方が表現力が高まって訴求点がより伝わりやすいというところもあると思います。
メディア側もこのサイズの枠を増やしているので、より成果向上に繋げやすくなってくると思います。

nakatsuru:
なるほど!スマホアドネットワークの利用価値はますます上がりますね!他に抑えておかなければならないことってありますか?

加藤氏:
広告の配信先ですが、nendでは1時間毎に各広告枠のCTR・CVRを見ながら自動でチューニングしています。
ですので、出稿開始前に細かなセグメントをしてしまうと、もしかしたらCVを上げてくれたかもしれないメディアを逃してしまう可能性があるので、最初はある程度広く配信した方がCVRを上げやすいです。

nakatsuru:
ありがとうございます。では最後に、今後の展開などあれば教えてください。

二宮氏:
広告主様にもメディア運営者様にもより支持されるアドネットワークを目指して、新しい広告フォーマットや新しいターゲティング広告のリリースを予定しています。期待していてください。

nakatsuru:
本日はお忙しい中ありがとうございました!

blog_20140530_2


いかがでしたでしょうか。
アフィリエイト会社が運営するアドネットワークということで、メディアと広告主をWin-Winにすることにおいて並々ならぬ自信を持たれていると感じました。

nendにご興味を持たれた方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

ではまた次回!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方にオススメの記事