ホーム> ソリューション> 商品を選びやすいサイトにしたい

ソリューション

ソリューション

商品を選びやすいサイトにしたい

まずは、サイト内検索の精度・速度を見直し

まずは、サイト内検索の精度・速度を見直し

「検索」という行動が一般的になり、「検索慣れ」しているユーザーは、訪れたサイト内でも、商品を求め「検索」をします。 そのようなユーザを取りこぼすことなく確実に購入まで誘導するために、「サイト内検索」の機能を使いやすくし、商品を探しやすいサイトにすることが今求められています。
まず、大切なのが、検索の精度です。日本語特有の表記ゆれに検索エンジンが対応していることや、 同じ意味を持つ複数のキーワードを同義語として検索エンジンが認識することが重要で、それによって、精度の高い検索を実現できます。
次に、速度も重要です。検索をしても検索結果がなかなか表示されないようでは、ユーザはサイトを離れていってしまいます。
当社が提供するサイト内検索エンジン「NaviPlsuサーチ」は、前述の表記ゆれ、同義語登録に対応しており、 また、99.99%の検索リクエストを1秒以内に処理する(2012年4月実績)、高速レスポンスを実現してます。 これにより、ユーザーは待たされることなく快適に検索機能を利用できるようになります。

キーワードサジェストで入力補助を

キーワードサジェストで入力補助を

Googleなどの検索サイトで、検索ボックスに1,2文字入力すると、候補のキーワードが表示されるかと思います。 これが「キーワードサジェスト」です。サイト内の検索においても、「キーワードサジェスト」を実装するサイトが増えてきております。 ユーザの入力の負担を減らし、また、正確なキーワードで検索してもらうのにとても重要です。
当社が提供するサイト内検索エンジン「NaviPlusサーチ」では、キーワードサジェスト機能を備えており、簡単に導入可能です。

ソリューション

ドリルダウン検索は欠かせない機能

検索結果を、任意の属性で絞り込んでいくことができるのがドリルダウン検索です。 商品カテゴリや、ブランド・メーカー、色、サイズ、価格帯など、ユーザは探している商品を好きな属性で絞り込んでいくことができます。 昨今のECサイトでは欠かせない機能です。
ただし、ある属性で絞り込んだ際に、検索結果で「お探しの条件に一致する商品が見つかりませんでした。」と 、ヒットした商品が一つもなかったという経験をしたことがある方は少なくないかと思います。 これが繰り返し起こるとユーザは非常にストレスを感じます。
そこで重要なのが、それぞれの属性にヒットした件数を表示されるファセットカウントという機能です。
これによって、絞り込んだのにヒットした商品が一つもなかったということにならず、ユーザは快適にドリルダウン検索を使うことができます。
当社が提供する、サイト内検索エンジン「NaviPlusサーチ」は、ドリルダウン検索、ファセットカウントに対応しています。
多くのECサイトにおいて、「NaviPlusサーチ」を導入することで、サイト内検索機能が充実し、売上アップに貢献しています。

担当者必見!お役立ち資料ダウンロード

サイト内検索やレコメンドに関する
お役立ち資料・ノウハウ資料が
無料でダウンロードできます!

PAGE TOP