ホーム> ブログ> 国内EC売上高上位100社のスマートフォンサイトにおけるレコメンドUI調査レポート

ブログ

ブログ

2017.08.01(火) レコメンド

国内EC売上高上位100社のスマートフォンサイトにおけるレコメンドUI調査レポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

国内EC売上高上位100社のスマートフォンサイトにおけるレコメンドUI調査レポート


こんにちは!ナビプラスのonoです。

ECサイト上でユーザの好みや嗜好にあった商品をおすすめすることは、サイトの売上やユーザビリティ向上の観点から非常に重要です。ユーザの関心の高い商品を提案できる「レコメンド」は、ECサイトには欠かせない機能となっています。

今回ナビプラスでは、国内EC売上高上位100社(日本ネット経済新聞社調べ)のスマートフォンサイトについて、「レコメンド」がどのページのどの場所で、どのように表示されているのかといった「レコメンドUI」に関する調査を実施し、レポートとしてまとめました。

本日はそのレポートの一部をお届けします。

レコメンド機能の導入は当たり前!?

まずは、サイト上のレコメンド機能の導入有無を確認しました。結果、調査対象サイトの78%に導入されており、今やレコメンド機能の導入は当たり前と言えるかもしれません。


みんな、どのページにレコメンドを表示しているの?

では、レコメンド機能を導入しているサイトは、各サイトのどのページに表示しているのでしょうか?


サイトのページ別のレコメンド表示率

やはり、「商品詳細ページ」や「カートページ」にレコメンド商品を表示し、商品の比較や「合わせ買い」「ついで買い」がしやすくなるようなページ作りをしているサイトが多く見受けられました。

また、「トップページ」にもレコメンド商品を表示し、個々の商品に対してではなく、「売り場」としてのおすすめを提案するような使い方も多く見られました。

人気のレコメンドUIは?

さらに、本レポートでは、PCサイトと違って表示領域上の制約の多いスマートフォンサイトのレコメンド表示において、「商品画像はいくつ並べる?」「画像の大きさは?」「どんな見出しにする?」など、EC事業者様の中でも悩みの多いUIについても調査しました。この続きはレポート本編で…。



レポート内容:
・「レコメンド機能」導入率
・サイト業種別「レコメンド機能」導入率
・ページ別レコメンド導入率
・ページ別人気レコメンドUI/タイトル
・人気のレイアウト(商品カラム数)


レポートをダウンロードする


※終了しました※ 同業他社との比較もやります!スマートフォンサイト「レコメンドUI」診断キャンペーン

本レポートと同じ視点で、皆様が運営されているECサイト(スマートフォンサイト)のレコメンドUIをお申込み数限定で無料診断いたします。 合わせて同業他社のサイトについても調査し、レコメンドUIやレコメンドの活用方法について比較します。

客観的に自社サイトのレコメンドUI・機能に関する現状の課題を確認することができます。
サイトの導線改善施策の検討にぜひお役立てください!

診断内容
 -EC売上上位サイトの調査を元にした改善ポイントのご提案
  ・UI
  ・表示ロジック
  ・設置場所
 -同業他社との比較

・申込期限:2017年8月10日(木)まで
・費用:無償(先着30サイト限定)
・診断対象:独自ドメインにて商品レビュー機能を運用しているECサイト(Amazonや楽天などのモール上のサイトは対象外です)

今後もナビプラスでは、 レコメンド機能の改善に関するコンサルティングやASPサービスの提供を通じて、ECサイトの収益力向上をサポートしていきます。


「NaviPlusレコメンド」サービス概要ページ
「NaviPlusレコメンド」に関するお問い合わせはこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

担当者必見!お役立ち資料ダウンロード

サイト内検索やレコメンドに関する
お役立ち資料・ノウハウ資料が
無料でダウンロードできます!

PAGE TOP