ホーム> ブログ> 「NaviPlusリタゲメール」で簡単に把握できる3つの指標(レポート機能のご紹介)

ブログ

ブログ

2017.06.14(水) リタゲメール

「NaviPlusリタゲメール」で簡単に把握できる3つの指標(レポート機能のご紹介)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「NaviPlusリタゲメール」で簡単に把握できる3つの指標(レポート機能のご紹介)

こんにちは。ナビプラスのnakatsuruです。

「NaviPlusリタゲメール」では、実行した施策の成果の確認や、そもそもどの程度ユーザーが離脱しているのかを把握いただくために、3つのレポート機能をご提供しています。 本日はそのご紹介です。

【指標1】売上ポテンシャル

ECサイトの現在のコンディションを把握することができるレポートです。
カートページ、詳細ページでの離脱状況や、離脱数に対してどれくらいのメールが送信できるかのポテンシャルが把握できます。

売上ポテンシャルレポート
■確認できる主な項目
・カゴ落ち数(カゴに商品を入れただけで未購入の数)、ブラウザ放棄数(商品詳細閲覧後カゴに入れず離脱した数)
・カゴ落ち率、ブラウザ放棄率
・メールアドレス特定率(離脱UB数に対してどれだけメールアドレスが特定できているか) 他

【指標2】配信結果

「NaviPlusリタゲメール」経由の配信結果を確認するレポートです。
全体の結果だけでなく、各施策毎のメール配信結果がわかります。
日次、週次、月次で表示が可能です。

配信レポート
■確認できる主な項目
・配信数、開封数、クリック数、CV数
・開封率、クリック率、CV率
・オプトアウト数 他

【指標3】費用対効果

「NaviPlusリタゲメール」の費用対効果を確認するレポートです。
ROAS、CPAの他に、リフトアップ率(リタゲメール経由の売上シェア)がわかります。
こちらも配信レポート同様、施策毎の結果が日次・週次・月次で確認できます。

費用対効果レポート
■確認できる主な項目
・キャンペーン経由売上
・「NaviPlusリタゲメール」利用コスト
・リフトアップ率、ROAS、CPA 他

さらに、毎週月曜日に前週のサマリーをまとめたレポートをメールで自動送信する機能もあります。
このレポートを使ってチーム内での共有の手間も省くことが可能です。
もちろんパラメータ設定いただくことで、各種アクセス解析ツールでの確認も可能です。

マーケティングオートメーションツールのような細かな分析はできませんが、必要十分なレポートを簡単に利用いただくことができます。

ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
お問い合わせはこちらから。

■「NaviPlusリタゲメール」とは
「NaviPlusリタゲメール」は、おもにオンラインショッピングなどのECサイトにおいて、サイトに訪れたユーザーが最も反応しやすい瞬間(モーメント)を捉えプッシュメッセージやEメールでリターゲティングするソリューションです。

「送ろう、来店のお礼メッセージ」を合言葉に、カゴ落ちや新規会員登録の発生など、接客の必要となるユーザーの瞬間を探し見つけタイムリーに接客メッセージを配信、ユーザーをサイトに連れ戻すきっかけを作り売上の獲得につなげます。
NaviPlusリタゲメールサービス概要
NaviPlusリタゲメール導入事例
NaviPlusリタゲメール関連ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

担当者必見!お役立ち資料ダウンロード

サイト内検索やレコメンドに関する
お役立ち資料・ノウハウ資料が
無料でダウンロードできます!

PAGE TOP